www.home-life-online.com

普通分娩と帝王切開のリスク

普通分娩と帝王切開のリスク

 

私は帝王切開で2人の男児を出産しています。早めの手術だったので早産です。長男は36週、次男は34週とまだ肺の機能が整わない時期だったり、皮下脂肪がついていなかったりと出産するのにはまだ早いかな、不安だなという時期でした。
帝王切開になる理由は様々です。種類も豊富な排卵検査薬←このサイトです。

 

私の場合妊娠高血圧症候群でしたから、逆子や前置胎盤、子宮筋腫、双子などの難産リスクを抱える妊婦もその対象となります。その中でも私の患った妊娠高血圧症候群はお腹の赤ちゃんが発育遅延と言って育たなくなる可能性が強いため帝王切開がすすめられます。また、高血圧による痙攣などで妊婦の危険もあったため早急な手術が必要でした。ご存知ですか?排卵検査薬こちらまで!

 

帝王切開の難点は出産後手術用の尿管をつけていたり、切開後の傷が痛んですぐに立ち上がれないなどです。出産後は赤ちゃんに母乳を飲ませたりオムツ交換をしたりしなければならないので術後は辛いです。ちょっと得したのは入っている医療保険の手術費、入院費がおりた事です。妊活をサポートする!妊娠検査薬お試しください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ